2017年1月17日火曜日

ファミコンを封印するの巻




ファミコンテレビ仲間のしょーけんさんという方に「勉強に集中したいのでファミコンを手放そうか迷っている」と相談したところ「しまっておくとヨロシイのではないか。」といっていただけたので、ダンボールに入れて部屋の外に追放、封印しておきました。これで勉強に集中できます。
視界にはいるとどうしても意識が持っていかれるみたいなので、部屋も片付けていますが、コントローラーとかをみてもイラっとする感じなのでコントローラーも一緒に退避。
new 3dsも封印しました。これで完璧です。もちろん手に入れたばかりのミニファミコンも封印です。

TOEFL iBT90点/120点を取らないといけないので、 かなり勉強で忙しくなりそうです。勉強の中心は過去問を解くことなのですが、TOEFLは試験時間も長いので、集中力をとっておくのも覚えないといけません。毎日3時間が3ヶ月ですが、そのくらいしていないと試験自体で疲れて解けないようですね。

ファミコンができるのを楽しみにしつつ、勉強を頑張ることにしたのでした。

2017年1月16日月曜日

高いものを手放す時


こいつを手放そうか悩んでいます。30万くらいにはなるんですよね。
こういうことブログに書くと怒られるみたいなんですが、twitter見てると誰が誰に譲ったのかーとかわかっちゃうみたいなので、今回は譲るならコレクターか外人さんかなーと思ってます。日本だと各種ブログでいろいろと叩かれてうるさいからね。

買った時は16万でした。いい買い物だったなぁと思います。リペアーをほどこしてあれから3年です。
勉強に集中したいので、手放そうかなと思ってます。ファミコンしながら勉強なんかしてても成績はあがらないですからね。

欲しい方は公募しませんが、オークションとかにも出さない予定ですので、一般の方はすいませんです。オークションも荒れて結局手続きとかしてもらえないんですよね。こういうのって。難しいもんだ。

2017年1月15日日曜日

休日の有意義な過ごし方

今日も大雪ですね。センター試験二日目です。受験生の皆さん頑張ってください。

さて、タイトルの話し。
実はこう、決まって休日になると体調を崩す私です。できる人は平日には風邪とかひかないんだそうですが、休日は病院もやってないので大変なんですよね。

というわけで、「休日の有意義な過ごし方」と検索をかけてみました。
いくつかブログがヒットしましたが、今回はこちらからご紹介。

休日の過ごし方32選
本を読むとか、図書館にいくとか、結構平日にやっていたりするのでライフサイクルを変えるにはその辺にメスを入れると良さそうですね。
今日は大雪なのでできませんが、街歩きとかも良さそう。

アニメ鑑賞、漫画を読むとかもいいかもしれませんね。あ、そういえば買ったまま読んでない漫画とかあるんでした。すっかり忘れていましたがw
平日にゲームする生活を送っているので、メスの入れ方に注意しつつ、でも確実に音楽や勉強にも力を入れていきたい私なのでした。

2017年1月14日土曜日

「ありがとう」と「ごめんなさい」の言える人に。

2015年の春間近、CooRieっていうアーティストのライブに行ってきたんですよね。「春風とクリシェ」というライブでした。クリシェというのは、音楽的な手法のことをさしているんだと、思います。
その時に印象的だったMCの話しをさせてください。

CooRieのrinoさんが東京に出てきて、人生に行き詰まった時、おじいちゃんの言葉があったそうなんです。「ありがとう」と「ごめんなさい」が言える人であれば、きっと人生大丈夫だと思うから。というようなお話しだったと思っています。とても素敵な言葉だなぁと。

「ありがとう」と「ごめんなさい」がセットなのが何故なのか最近までわからなかった私ですが、なるほど、感謝というのは「謝る」を「感じる」とも読めるんですね。つまりは、「ごめんなさい」は「ありがとう」ってことなんだそうです。
「ありがとう」と「ごめんなさい」は誰かに教わることじゃないんだと思います。それはきっとすっと自分の中に出てこなくてはいけない言葉なはず。

最近問題だなーと思うのは、こういう「ありがとう」や「ごめんなさい」の言えない人が増えていることです。ただ単に挨拶ができないっていう話しでもありません。教わったことができないのはもちろん問題ではありますが、そうじゃなくて、自然とできないといけないことも世の中にはたくさんあるよなぁと。

私は最近「ごめんなさい」が言えなくなってきているなぁと思いました。なので、感謝することをもう一度考え直さないといけないかもしれません。

CooRieの「想い」という曲を聴きながら、そんなことを思う雪の日なのでした。

大雪とセンター試験

10年ほど前にセンター試験を受けましたがその時も大雪でした。
私は東京大学志望だったのですが、文科三類はセンターの足切りの点数が高かったのであっけなく足切りにあいました。

その後上智と慶応を受けて、(早稲田は肌が合わないなぁと思ったので受けませんでした)、受かった上智に進学しました。
浪人することも考えたのですが、当時は心理学ブームで上智の心理は一般入試で倍率が15倍でした。もう一回受かる自信はありませんでした。
後は東大に入ろうと思うと東京にでて浪人生活を送らないと難しいと言われたのを覚えていて、当時から病気がちだった私には無理だなと思ったのを覚えています。
確かに田舎の予備校では周りのレベルも相対的には低いと思ったので、難しいと思っていました。

今は大学院の進学のために勉強をしているのですが、院試も容赦なく難しいですね。難しい試験は得意なほうですが、これからも頑張らないといけません。

2017年1月13日金曜日

生活能力を身につける

こたつが完成しました。明日は大寒波のようなので、その前に毛布に厚手のコーティングもプラス。最近は寒さで目が覚めますね。

勉強の出来る人は生活能力があまりない人が多いらしいです。私もそれに該当します。
具体的には部屋が汚い(モノが捨てられない)とかがありますよね。

高校の時とかはテストの前になると部屋を掃除したくなったりするものですが、私はそこをグッとこらえて勉強していたので、部屋は汚いままでした。
最近になって知人の勧めもあって片付けて部屋が綺麗になりつつあってびっくりしています。これから大きなテストでもあるんでしょうかw

貯金をするのと並行して部屋を片付けると幸せになれるかもしれませんね。とりあえずこたつでぬくぬくするとします。

2017年1月12日木曜日

TOEFL iBTの勉強のついでに

上智大学の英語の単位って普通に講義を受けてもとれるんですが、TOEFLでも申請ができるんですよね。
その基準がTOEFL iBT90点です。120点中90点で、帰国子女の人でも苦労する点数なので、だいたいのソフィアン(上智出身の人をこういったりします。)は英語の単位は講義でとっておくのが普通です。

で、資格とか試験の勉強の基本は過去問を解くところからだと思ってるので、TOEFLのオンライン模試(一回4000円程度)を受けてるんですが、これがまた問題が難しいんです。

芸能人が難関大学に入った系のニュースがあるみたいで調べてみたら上智もあるらしく

Yahoo知恵袋

Hey!Say!JUNPの岡本圭人さんが上智に合格したとのニュースが昔あったみたいですが、TOEFL利用型の合格で国際教養学部らしいですね。
TOEFLの大学の単位認定水準はiBT90点前後ですから、岡本さんは英語だけは超できたのかもしれません。

TOEFLはTOEICと違って語彙の要求水準が高く、一般的な受験生がiBTで90点を取るのはほとんど不可能だと思います。リーディング、リスニングに加えてライティングもスピーキングもテストもあります。おそらくはMARCHクラスの英語の成績だと問題文の意味が読み解けないと思います。

国際教養学部は講義がほとんど全部英語なので、入学前にそのくらいの実力がないと入ってから大変かもしれません。

早稲田大学や慶応義塾大学にはスポーツ枠や芸能人枠があると聞いています。実際には大学での勉強もそれ専用に分かれていて大学としてはそちらのほうで実績を出してくれればいいみたいなので、一般受験のそれ、とは講義も内容が全然違うみたいですね。

例えば箱根駅伝とかで上智の名前がないのは、そういうスポーツ枠みたいなものがないからです。一般的な入試をこなした上でスポーツもできる天才とかありえないですからね。

青山学院大学に関してはお金の世界と聞いています。なんでも教授が枠をもっていて、入れさせてもらえるんだとか。箱根駅伝をみても豪華な選手が揃っているのは納得です。1点20万だったか、そんな金額だったと聞きました。

一方の上智大学はそういう芸能人の枠みたいなものや青学みたいなお金での入学ということはない大学です。
推薦を多くとる上智ですが、内部進学という選択肢がないため(そもそも高校はありませんからね)、みんな勉強させられます。浪人生が多いのも特徴です。

推薦で合格した声優の上坂すみれさんも上智は勉強が厳しいところだと語っていらっしゃいます。

朝日新聞記事

よくミッション系の大学というところで青学と上智は混合されがちですが、青学がお金での入学ができるということもあって、上智は勉強させられるというところで80年代くらいから、風向きが変わってきたようです。上智は英語が学べるということで、80年代くらいに英語を志す人ってエリートだったみたいなんですよね。
昔は青学も良かったそうですが、青学に入学した方の話とか聞くとお昼をタクシーを使って赤坂までランチにいくような超のつくお金持ちの集まりなんだそうです。

一方の上智は真面目で浪人している子も多いので、そんな贅沢をする人は少ないでしょう。
「もっと遊びたかった」という人も中にはいて、早稲田や慶応を選べば良かったと思う人もいるそうですが、勉強したいなら上智はおすすめです。

とこんなところで勉強に戻ろうと思います。